/

中部の企業、内定後「親ブロック」防げ

コプロ、社員らが親と懇談会 ティア、仕事の意義を社長が手紙

[有料会員限定]

親の意向で学生が内定を辞退する「親ブロック」を防ごうと、中部の各社が新卒採用活動に知恵を絞っている。愛知など中部3県は全国的にみても人手不足感が強い。内定者の親を招いた懇談会を開いたり、女性社員が女子学生と母親の相談に乗る「女子会」を開いたりするなど、親からも信頼を得ようとしている。

「人を大事にしている企業だとわかった」。コプロ・ホールディングス(名古屋市)が2月、名古屋マリオットアソシアホテル...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン