NY綿花1カ月ぶり高値 米中貿易摩擦の緩和期待

2019/3/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

綿花の国際価格が反発している。ニューヨーク先物(期近)は1ポンド73セント前後。直近安値の2月中旬から5%上昇し、1カ月ぶりの高値をつけた。米中貿易摩擦が改善し、中国の需要が上向くとの期待が広がっている。

綿花の最大消費国である中国は2018年夏に発動した対米報復関税の対象に綿花を含めた。米国も中国製の綿糸や、既製服を除く一部の繊維製品に関税を上乗せしてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]