iPS角膜移植を厚労省承認 阪大、今年前半にも実施

2019/3/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

iPS細胞から角膜の細胞を作って目の病気の患者に移植する大阪大の臨床研究計画を5日、厚生労働省の専門部会が条件つきで了承した。2019年前半にも1例目の移植が実施される予定だ。角膜移植によって治る患者も多く、希望者も多いが、献眼による提供は慢性的に不足している。

他人のiPS細胞を使うため、移植した際に拒絶反応が起こるリスクなどの説明などが条件に盛り込まれた。iPS細胞を利用した目の病気の再生医…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]