梅の花、5月から月2回一斉休業 従業員の待遇改善

2019/3/6付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

梅の花は5日、レストランなどの店舗に5月から、月2回の一斉休業日を設けると発表した。飲食業界で人手不足が深刻化するなか、4月に施行される働き方改革関連法をにらみ、従業員の待遇改善に取り組む。

対象はレストラン約80店舗とテークアウト5店舗。百貨店などに入る店舗は除く。休業日はこれまで、各店舗の繁閑に合わせて年末年始などに設定していたが、一斉に休業するのは創業以来初めてとなる。同社は「従業員のモチ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]