/

この記事は会員限定です

パルコ制作「世界は一人」

色艶ある歌声が主役の音楽劇

[有料会員限定]

鉄鋼で栄えた海辺の街。舞台奥に見える鉄骨の塔は青白く光り、夜が永遠に続くかのよう。岩井秀人の新作は、前野健太とタッグを組んで作りあげた独自の音楽劇だ。

吾郎(松尾スズキ)、美子(松たか子)、良平(瑛太)の三人は小学校の同級生。吾郎は家族を失った美子と東京で、引きこもりから社会復帰を目指す良平とも地元の公民館で再会。三人はそれぞれに家族や対人関係に問題を抱え、環境汚染で廃れた街を象徴する。介護、引き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン