2019年3月25日(月)

iPS再生技術 治療から創薬へ
新興勢などALSや認知症の研究キット 開発効率的に

2019/3/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

難病や大きなケガの治療への応用が期待されるiPS細胞など再生医療技術を、医薬品の開発にも活用する動きが広がっている。再生医療技術はヒトの体内に近い状態を再現でき、動物実験よりも新薬候補の効果を確認しやすい。研究キットを供給するスタートアップが増えているほか、大手の参入も相次ぐ。これまで分析が難しかった難病の治療方法の確立にも弾みがつきそうだ。

再生医療はヒトの臓器や組織を再生させることで失われた…

再生医療 1兆円市場に[有料会員限定]

2019/3/1付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報