2019年7月24日(水)

大塚HD、3新薬で営業益4割増に 今期計画 特許切れの「崖」補う

2019/2/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大塚ホールディングスの収益改革が実を結び始めた。2019年12月期は複数の新薬が貢献し大幅増益を計画する。収益の大半を稼いだ大型薬の特許切れに苦しんだが、ホームランに頼るのではなく複数のヒットを重ねる戦略への転換で業績を回復させた。今後は研究開発投資の効率性をいかに高めるかが課題だ。

「収益構造の多様化を確立し複数の新薬で安定的に稼げるようになった」。2月13日の決算会見で樋口達夫社長はこう説明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。