/

この記事は会員限定です

(社説)経営者は自ら戦略とリスクを語れ

[有料会員限定]

上場企業が財務内容などを開示する有価証券報告書が変わる。経営戦略や事業のリスクを企業がどう認識しているかなど、文章で書いた定性的な記述が手厚く盛り込まれる。形式的な数値情報を補い、投資家が企業の将来性を判断する材料として生かしたい。

これまで日本の有報は、米欧に比べて定性的な記述が乏しく、投資家の不満が根強くあった。昨年の金融審議会の報告を踏まえて内閣府令が改正され、記述情報の充実が上場企業に求め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン