/

この記事は会員限定です

印「空爆は対テロ措置」

外相会談、中ロに理解求める

[有料会員限定]

【北京=永井央紀】中国、ロシア、インドの3カ国は27日、浙江省烏鎮で外相会談を開いた。インドのスワラジ外相はインド軍が隣国パキスタンにあるイスラム武装組織の訓練拠点を26日に空爆したことについて「テロに対する予防的措置」だと語り、理解を求めた。

スワラジ氏はインドの治安部隊員約40人が死亡した14日の自爆テロに言及し、「テロは世界が直面する最上位の脅威だ」と強調。パキスタンが自国領内にいるテロ集団...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン