「人工芝コート、選手育たない」 伊達公子さん
日本テニス界に警鐘 世界基準へハード導入を

2019/2/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

女子テニスの大坂なおみ(日清食品)が全豪オープンを制して1カ月。四大大会シングルス連覇と日本勢初の世界ランキング1位の偉業に祝賀ムードが続くなか、「日本の現状では世界で通用する選手を育てるのは難しい」と警鐘を鳴らすのが2017年に現役を引退した伊達公子さんだ。早大大学院の修士論文でも取り上げたコートの問題について聞いた。

――日本のテニス環境の何が問題なのか。

「コートが世界基準とかけ離れている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]