2019年5月27日(月)

ライフサポートがん治療で脱毛 アートメークで心のケア
中高年、老眼や時短で利用

2019/2/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

皮膚の表面に色素を入れ、眉毛やアイラインなどを描く「アートメーク」をする人が増えている。抗がん剤治療などの影響で失われた眉毛などを描く人に加え、最近は化粧の手間を省くために利用する人が出てきた。働く女性が増えたことも背景にありそうだ。

乳がんで闘病している東京都内に住む女性(48)。服用している抗がん剤の影響で全身の体毛が抜け、気持ちがふさぎ気味になっていた。主治医の紹介でアートメークを知り、眉…

成分が合わない危険も[有料会員限定]

2019/2/27付

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報