経済危機の火種、中国に ジム・ロジャーズ氏に聞く
債務バブル崩壊を危惧/日本株、昨年全て売却

2019/2/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「冒険投資家」として有名なジム・ロジャーズ氏は日本経済新聞のインタビューに応じ、「中国の企業破綻が世界的な債務危機のきっかけになりかねない」などと述べた。「日本株はすべて売却」し、「朝鮮半島で投資機会を探している」とも語った。

(聞き手は増田咲紀)

――世界的な債務の膨張が危機を招くと主張されています。現在の考えを教えてください。

「リーマン・ショックから10年がたつ。その間、米国経済は右肩上がり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]