社内チャット 業務の核に
AIが資料収集/経費精算の窓口 米シンフォニーやスラック
 

2019/2/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

社内でメッセージをやり取りできるビジネスチャットが進化している。会話内容を自動で分析するなど人工知能(AI)と融合。経費精算など社内業務の「窓口」の役割も担い始めた。先頭を走る米スラック・テクノロジーズに専門性などで対抗する新興勢も台頭する。個人間では当たり前となったチャットが、ビジネスの場でもメールに代わる主役となる可能性がある。

「A社の取引はどうなっている」。株式トレーダーが営業担当者に尋…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]