格安スマホ、急減速
ドコモや大手系列、安値攻勢 挽回策、決め手欠く

2019/2/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

破竹の勢いで成長してきた格安スマートフォン(スマホ)が転機を迎えている。NTTドコモの値下げ表明で消費者の様子見ムードが広がり、利用者数の伸びが以前の半分に落ち込んでいる。格安スマホ各社は携帯大手からの回線レンタル料の負担が重く、これ以上の値下げは難しい。独自のポイントで料金を支払えるようにするなどの対策を急ぐが、挽回策になるかは不透明だ。

「新規獲得が厳しくなっていたところに、ドコモの発表が追…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]