/

この記事は会員限定です

AI時代の知的財産

国際会議開催 ルール議論へ

[有料会員限定]

国連の専門機関、世界知的所有権機関(WIPO)は9月、人工知能(AI)時代の知的財産を考える国際会議をスイス・ジュネーブで開催する。AIや情報通信技術(ICT)を支えるデータの価値を知財としてどう捉えるかや、保護のあり方を幅広く議論し、多国間の制度調和を目指す。

特許や商標、意匠などについては、世界貿易機関(WTO)のTRIPS協定(知的財産権の貿易的側面に関する協定)が、法的権利としての要件や保...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン