/

この記事は会員限定です

働く外国人、暮らしも支援

戦力育成で中小が大手に先行 日本語や習慣から

[有料会員限定]

中堅・中小企業が外国人労働者の受け入れ体制を整備している。日本人の新入社員と同じ時間をかける研修や、国籍にこだわらない登用制度で能力開発を図る一方、生活面も支援し離職を防ぐ。4月に施行される改正出入国管理法は人手不足に悩む中堅・中小にとって人材確保の好機。大手に先んじてやりがいや働きやすさを感じられる環境を作り、戦力に育てる。

建設業の木村工業(東京・大田)は毎週月曜日、入社1年目の外国人社員を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン