日本紙パルプ商事系、発電廃棄物を不適正に処理

2019/2/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

日本紙パルプ商事は22日、子会社の「野田バイオパワーJP」(岩手県野田村)がバイオマス発電の際に発生する廃棄物を不適正に処理していたと発表した。同社は廃棄した灰を使って地盤を強化するために使う改良材を製造・開発していたが、法で定められた土壌環…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]