2019年8月19日(月)

パラジウム、最高値続く 供給不足に懸念 ETF残高減が拍車 現物在庫、放出余力乏しく

2019/2/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

貴金属のパラジウムが過去最高値を更新し続けている。ガソリン車の排ガス触媒向けの需要が伸び供給不足が続くとの見方が根底にある。さらに注目されるのがパラジウム相場に連動する上場投資信託(ETF)の残高減少だ。投資家の解約で残高が減少。裏付けとなる現物在庫が払底し、供給の制約要因になるとの見方が浮上している。

パラジウムのニューヨーク先物は1トロイオンス1460ドル前後と過去最高値だ。ここ半年間の上昇…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。