/

この記事は会員限定です

中国の水道水を直接飲める水に オリックス、東レと新会社

[有料会員限定]

オリックスは3月、中国で水道水を直接飲めるよう処理する設備を製造・販売する会社を設立する。東レと出資先である現地の民営水道企業と共同で立ち上げる。資本金は5千万人民元(約8億円)で、オリックスは20%の約1億6千万円を出資する。中国では加熱せずに飲める水道水へのニーズが高まっており、マンションや病院への納入を目指す。

新会社の江西銀麗直飲水設備を江西省で設立する。オリックスが出資する中国水務集団(香港)側が65...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン