/

この記事は会員限定です

米国、温暖化対策を主導?

チーフ・エコノミクス・コメンテーター マーティン・ウルフ

[有料会員限定]

気候変動対策で後れをとってきた米国が、そのリーダーに変身するのだろうか。1月17日に公表された「炭素配当に関する経済学者らの声明」や、2月7日に民主党のアレクサンドリア・オカシオコルテス議員率いる一派が米下院に出した環境対策法案「グリーン・ニューディール」をみると、そうなるかもしれないと思う。双方の温暖化対策への考え方は全く異なるが、これらは実現可能な解決策につながる土台になるかもしれない。だがも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2703文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン