/

この記事は会員限定です

神戸市がスマホで健康指導 病気や介護予防、経費抑制効果も

[有料会員限定]

神戸市は19日、スマートフォン(スマホ)を通じた市民への健康の個別指導を4月に始めると発表した。健康診断や食生活のデータ提供に同意した市民に対し、個々人に適した改善策を助言する。データに基づいて病気や介護予防の施策も立案し、健康寿命の延伸や社会保障費の抑制につなげる。個人情報保護を徹底し、広く参加者を募りたい考えだ。

市は自営業者ら国民健康保険の保険者の健診データを管理しており、まずはデータ活用が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン