/

この記事は会員限定です

東京大スポーツ先端科学研究拠点

科学でアスリート育成

[有料会員限定]

東京大学スポーツ先端科学研究拠点は、人の運動能力の向上や健康寿命を延ばすことを目的としている。「スポーツと科学の融合」をテーマに掲げ、海外の大学とビッグデータを活用した運動選手の動作解析などに取り組む。2020年の東京五輪・パラリンピックをにらみ積極的に研究成果を広く発信し、国際的な存在感を高めたい考えだ。

■  ■

東大本郷キャンパス(東京・文京)にある研究棟。センサーがついた装置でボートをこぐ動...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン