2019年8月26日(月)

文系学部存続の道 社会学者・竹内洋氏
タコつぼ脱却し学会変革を

2019/2/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大学の文科系学部の再編が進んでいる。背景には、「社会の役に立たないのではないか」といった見方があり、研究・教育拠点の存続を危ぶむ声も聞こえてくる。生き残りの道は、どこにあるのか。社会学者の竹内洋・関西大学東京センター長に聞いた。

――国公立大を中心に、人文社会系の学部などで、社会的な要請の強い分野への改組や文理連携の試みが続きます。

「少子化で学生が減るとか、さまざまな事情があるから、生き残りの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。