/

この記事は会員限定です

世田谷パブリックシアター「CHIMERICA チャイメリカ」

米中関係なぞる愛の苦さ

[有料会員限定]

自由を求める学生たちを軍が殺傷した天安門事件から30年。あの日、戦車の前に立った「戦車男(タンク・マン)」をとらえた写真は世界に衝撃を与えた。その決定的瞬間の謎解きを演劇的に試みた驚くべきフィクションである。

1984年生まれのルーシー・カークウッドは、原発事故の罪と罰を描く「チルドレン」で、日本でも才筆を印象づけた英国の女性作家だ。超大国を掛けあわせた表題の造語そのまま、引きつけあい、傷つけあう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン