海外勢、「ドル建て」日本国債に資金
日米金利差で高利回り 日本のマイナス金利 常態化も

2019/2/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「ドル建て」日本国債に海外資金が流入している。財務省が発行する国債は円建てだが、海外勢は購入の際にドルと円を交換する取引を組み合わせ、利子などをドルでの受け取りに転換。円建てではマイナス金利の日本の10年債がドル建てなら3%を超え、米債を上回る。高金利目当ての海外資金の流入が続けば、日本のマイナス金利が常態化する可能性もある。

「ドル建て」日本国債を購入する海外勢は、まず保有するドルを邦銀などに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]