2019年3月25日(月)

iPSで脊髄治療 厚労省了承
慶大、世界初実施へ

2019/2/18付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

厚生労働省の専門部会は18日、iPS細胞を使って脊髄損傷を治療する慶応義塾大学の臨床研究計画を了承した。iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を患者に移植し、機能改善につなげる世界初の臨床研究となる。2019年夏にも始まる見通しだ。目や心臓、脳の神経、血小板に続き、実際に患者に移植する再生医療の研究が広がっている。

計画では脊髄の損傷から2~4週間が経過し、運動などの感覚が完全にまひした18歳…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報