日本―ラオス 初の直行便 福岡発着 11月にも

2019/2/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ラオスの国営航空ラオス航空が、日本との初の定期直行便を11月にも就航させる方向で検討していることが分かった。福岡空港と、ラオスの首都ビエンチャンおよび古都ルアンパバーンをそれぞれ週2便ずつ運航する見通しだ。ビエンチャン線の飛行時間は4時間半ほどになるとみられ、これまで乗り継ぎを含めて少なくとも7~8時間かかっていた所要時間が大幅に短縮する。

既に国土交通省など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]