/

この記事は会員限定です

体積を学ぶ

「行動と心理」指導に生かす

[有料会員限定]

4年生の理科には「とじこめた空気と水」「ものの温度と体積」「もののすがた」などの学習がある。いずれも物質(物体)の体積に注目する必要があるが、実は理科の学習に体積そのものを学ぶ内容はない。

物が物である根拠の一つが体積をもつ(物の場所がある)ことだが、それを学ばず物の体積と関係の深い学習をする。このため学習後に「先生、体積って何ですか?」と質問が出る始末だ。これでは温度変化や状態変化による体積の増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り567文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン