/

この記事は会員限定です

アマゾン、地域と共存課題 NY第2本社、地元反対で白紙

雇用アピール不発

[有料会員限定]

【シリコンバレー=中西豊紀】米アマゾン・ドット・コムは14日、ニューヨーク市での第2本社の設置を断念すると発表した。高い経済効果を約束してきた同社だが、地元政治家らの反対を受け異例の白紙撤回に追い込まれた。同社を含めたIT(情報技術)大手は近年、雇用創出など社会への「還元」戦略を進めているが、むしろ社会との乖離(かいり)が生まれている。

「普通のニューヨーク市民が強欲アマゾンを打ち負かした日だ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン