/

この記事は会員限定です

追い風 小型旅客機で攻防

エアバス、米で新機種生産へ/ボーイング、中国の新拠点稼働

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴、ニューヨーク=中山修志】航空機大手2社の小型機市場での攻防が激しくなっている。欧州エアバスは2019年7~9月期にも米国で、カナダ企業から事業買収した「A220」の生産を始める。米ボーイングはエアバスが現地生産で先行した中国で新拠点を稼働させた。座席数が200席程度までの小型機は旅客機市場の7割を占め、花形だった超大型機に代わり主戦場になっている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン