地域の仮想通貨、地元活性化に光 イオン系が発行・運用支援 購買データ、販促に利用

2019/2/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

企業や自治体がIT(情報技術)を使った地域限定の仮想通貨を相次ぎ発行している。イオン子会社は今春以降、自治体向けに独自通貨の発行・運用を支援する新サービスを始める。商品券などの形で発行されていた地域通貨とITを組み合わせた「地域仮想通貨」は、詳細なデータ分析やコスト削減が可能。地域経済活性化の新たなツールとして注目が集まる。

イオン傘下のフェリカポケットマーケティング(FPM、東京・港)は、5月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]