/

この記事は会員限定です

腎臓病「線維化」 組織修復の機能 京大グループ発見

[有料会員限定]

京都大学の柳田素子教授らのグループは、腎臓病の悪化要因と考えられていた細胞の変化「線維化」に、障害された組織を修復する機能があることを発見した。腎臓病が悪化する仕組みの解明や新しい治療薬を開発する手がかりになると期待している。

柳田教授らは尿が通る腎臓内の管「尿細管」とその周囲にある「線維芽細胞」の関係に着目、線維芽細胞でたんぱく質を合成する働きを止められる実験用のマウスを作り尿細管の変化を調べた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り204文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン