/

この記事は会員限定です

「受注企業JR東海が差配」 大成と鹿島、無罪を主張

リニア談合初公判 他2社と認否真っ二つ

[有料会員限定]

リニア中央新幹線の建設工事を巡る入札談合事件で、独占禁止法違反(不当な取引制限)罪に問われた大成建設と鹿島の幹部2人と法人としての両社の初公判が14日、東京地裁(楡井英夫裁判長)であった。いずれも「受注予定事業者はあらかじめJR東海が決めていた。受注調整などで合意したことはない」と起訴内容を否認した。

事件ではほかにも法人としての大林組と清水建設が同罪で起訴されたが、両社は起訴内容を認め、それぞれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン