ペッパー、赤字転落 前期最終、8年ぶり 米のステーキ店不振

2019/2/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ペッパーフードサービスが14日発表した2018年12月期連結決算は、最終損益が1億円の赤字(前の期は13億円の黒字)となった。最終赤字は8年ぶり。米国でステーキ店を展開する子会社の業績が大幅に悪化し、同子会社が約25億円の損失を計上したのが響く。

主力のステーキ店「いきなり!ステーキ」の国内での好調を受け、17年から米国で出店を開始。ニューヨークに集中的に出店して11店舗まで増やしていた。だがサ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]