KYB、2001年から改ざん 再発防止策発表 検査、製造から独立

2019/2/14付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

油圧機器メーカーKYBは13日、免震・制振装置の検査データを改ざんした問題で、検査体制の見直しを柱とする再発防止策を発表した。製造部門以外の部署で品質検査を実施するなど、検査体制の独立性を高める。免震装置の製造を手がける子会社では、役員を含む約20人の社員が不正に関与・認識していたと結論づけた。

改ざん問題が2018年10月に発覚した後、KYBは弁護士などで構成する調査委員会を設け、実態調査を進…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]