/

この記事は会員限定です

ソニーゲーム子会社小寺社長が副社長に 本体で「課金モデル」主導

「プレステ」の成功生かす

[有料会員限定]

ソニーのゲーム子会社、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は12日、ジム・ライアン副社長が4月1日付で社長に就任すると発表した。小寺剛社長は副社長になるが、引き続きソニー本体の常務としてグループで新たな役割を担う。家庭用ゲーム機「プレイステーション」で培った課金モデルを他の事業に広げ、稼ぐ力を高める狙いだ。

小寺氏は2017年10月に副社長から昇格。ゲーム事業を19年3月期に売上高2兆3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン