ベトナムIT人材に的
マネーフォワードなど新興勢 潜在力囲い込みへ先手

2019/2/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

新興IT(情報技術)企業が人工知能(AI)など先端技術の開発でベトナムに相次ぎ進出している。家計簿アプリのマネーフォワードやAI開発のシナモン(東京・港)が人材育成に乗り出した。インドやシンガポールなどでは先端人材の獲得競争が激化しており、ベトナムの潜在力を見込んでいち早く囲い込む。国内ではIT人材の不足が避けられず、新興勢の危機感が強まっている。

家計簿アプリやクラウド会計ソフトのマネーフォワ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]