/

この記事は会員限定です

犯罪予測で子供・女性守れ

声かけ・つきまとい…警視庁が前兆分析

[有料会員限定]

過去の事件情報のビッグデータや人工知能(AI)を使って犯罪が起きやすいエリアや時間を予測する取り組みが日本の警察で始まっている。実際に容疑者の検挙につながったケースも。警視庁は4月から、事件情報に加え、子どもや女性を狙った性犯罪などの前兆とされる「声かけ」や「つきまとい」などのビッグデータも分析し、重点パトロールで犯罪抑止に乗り出す。

「猫がいるよ」「車に乗らない?」。東京都内での声かけやつきま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン