/

この記事は会員限定です

だるま

願い様々、倒れぬ縁起物

[有料会員限定]

新春から3月にかけてはだるま市の季節。群馬県高崎市や静岡県富士市、東京都調布市など、江戸時代から続くだるまの産地では、何百軒もの店が寺院に会し、境内は大小のだるまを求める人々でにぎわう。

だるまの祖先は中国・明の時代に発達した「不倒翁」である。土製のオモリをつけた張り子製の人形で、倒しても起き上がることからこの名がある。翁の他、童子や動物の姿も作られ、これが室町時代の日本に伝わって、「起き上がり小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン