/

この記事は会員限定です

特許法改正 専門家が工場立ち入り

訴訟で証拠収集容易に、大企業に異論も

[有料会員限定]

特許庁は特許訴訟制度の見直し案をまとめた。今国会に関連の特許法改正案を提出する。目玉は訴訟で原告側が侵害の立証をしやすくするために、専門家が被告側の工場などに立ち入り、証拠収集する制度の導入だ。特許の侵害に悩む中小企業側からの要望を受けた改正だが、大企業を中心に異論も残っている。

特許訴訟制度の見直しは2018年10月から、特許制度小委員会で議論されてきた。裁判で必要な証拠を提示させる米国の「ディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン