/

この記事は会員限定です

新規制、地銀4割抵触か 金利変動時のリスク大

金融庁、即時是正は求めず

[有料会員限定]

金融庁が新たに導入する銀行の金利変動リスクをはかる規制に、4割の地方銀行が触れる可能性があることがわかった。この規制は保有する国債や外債などで金利が変動したときの損失リスクを厳格に算出し、自己資本の2割を超えると金融庁が対話に乗り出す仕組み。有力な貸出先が乏しいなか、金利リスクの高い運用に依存している姿が浮き彫りになった。

「IRRBB」と呼ばれる新しい規制は、海外に営業拠点を持たない国内基準行を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り994文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン