/

この記事は会員限定です

ラット体内でマウスの腎臓

ES細胞で生理学研 移植医療に応用

[有料会員限定]

生理学研究所の平林真澄准教授や東京大の中内啓光特任教授らは、マウスの胚性幹細胞(ES細胞)を使い、ラットの体内でマウスの腎臓を作ることに成功した。腎臓の大部分をマウスの細胞が占めていたが、移植後に機能するかどうかはこれから調べる。

ブタなどの体内で作った人の臓器を移植に使う医療の実現につながる成果だ。

研究成果は英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(電子版)に6日掲載される。

ラット(ドブネズ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン