/

この記事は会員限定です

毎月勤労統計の不適切調査 薬価への影響精査

厚労省

[有料会員限定]

不適切な調査が問題となっている毎月勤労統計が薬の公定価格(薬価)を決める際に活用されており、厚生労働省が影響を精査していることが5日、わかった。新たに保険適用される一部の薬の薬価には、過去の毎月勤労統計などを目安にした労務費が反映されるためだ。過去の統計データが修正されたため、製薬業界から薬価への影響を懸念する声が出そうだ。

医療保険が適用される薬の薬価は、中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り234文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン