米は盗難率10%、対策課題

2019/2/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

置き配の最大の課題が盗難対策だ。米国では受取人が不在の場合、玄関先に荷物を置いていくことが浸透している。ただ玄関先に置かれた宅配便の盗難率が10%近くにのぼるとの調査もあるなど社会問題となっている。

米アマゾン・ドット・コムは17年、受取人の不在時でも家の鍵を開けて玄関内に荷物を届けるサービス「アマゾンキー」を始めた。利用者は無線で解錠できるスマートキーを使い、配達員は1回限りパスワードで鍵を開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]