/

この記事は会員限定です

再配達防げ 「置き配」で挑む

3月、日本郵便が本格導入 専用ロッカー浸透せず

[有料会員限定]

宅配便の現場で人手不足の大きな要因とされている再配達の削減が壁に突き当たっている。ヤマト運輸など大手3社の再配達率は15%前後で下げ止まり、2020年度に13%という政府目標達成に黄信号がともる。「自宅まで届けてほしい」とのニーズは根強く、駅などの受け取りロッカーの利用が進んでいないためだ。打開策として注目を集めるのが玄関前などを届け先にする「置き配」で、3月に日本郵便が宅配大手として初めて本格導入する。盗難をどう防ぐかが普及に向けた課題となりそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1461文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン