/

この記事は会員限定です

感染症薬、収益変動激しく

[有料会員限定]

感染症は季節によって患者数が大きく変動し、流行しても1~2週間で投薬が終わる。収益の振れ幅も大きく、撤退した製薬大手もある。抗インフルエンザ薬の市場規模は日本が400億円程度、薬価の高い米国でも1000億円弱とされ、兆円単位の抗がん剤よりはるかに小さい。ノバルティス(スイス)、仏サノフィなどの大手はがんなどへの資源投入を優先し、感染症領域を縮小している。

だが、市場は大きくないからこそ、連結売上高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン