/

この記事は会員限定です

創薬、次の柱へ育成

[有料会員限定]

ファーマフーズは機能性食品向け素材事業に加え、創薬事業を経営の柱に据えようとしている。機能性素材の製造を通じてニワトリを使った独自の抗体作成技術を蓄えており、医薬品開発に応用する。

創薬事業には2013年に本格参入し、悪性腫瘍や自己免疫疾患などに対する抗体医薬を開発中だ。ただ後発企業のため新薬発売までは先行投資がかさみ、前期は同事業で8200万円の営業赤字だった。18年10月に田辺三菱製薬と抗体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン