/

この記事は会員限定です

ユーチューブ 過激動画にNO

運営側が監視、相次ぎ削除 広告欲しさで投稿やまず

[有料会員限定]

動画投稿サイト「ユーチューブ」で、過激な行為や性的な内容を含む動画が投稿され、運営側が削除したり、アカウントを凍結したりするケースが相次いでいる。投稿動画は再生回数に応じて広告収入が発生するため注目を集めようと内容がエスカレート。運営側は自主規制を強化するが、歯止めがかからない。専門家は「広告収入のあり方を見直す必要がある」と警告している。

「日ごろからお世話になっているファンの皆様にご心配をかけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1089文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン