2019年8月23日(金)

6年2カ月 実感なき景気回復最長

2019/2/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は1月29日公表した同月の月例経済報告で、2012年12月に始まった景気回復局面が「戦後最長となった可能性がある」と指摘した。これまで最も長かった02年2月から08年2月までの73カ月間を抜き、6年2カ月に及ぶことになる。世界経済の拡大を背景に輸出が増え、好調な企業業績がけん引してきた。

一方、今回の景気回復は「生活が改善した実感がない」との見方がつきまとう。期間の実質国内総生産(GDP)成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。