/

この記事は会員限定です

知財戦略、中国勢も脅威

[有料会員限定]

海外展開を狙うスタートアップにとって、米国・中国勢との知的財産戦略の差は競争力に直結する可能性がある。日本企業はさらに関心を高める必要がありそうだ。

世界知的所有権機関(WIPO)によると、2017年の日本の特許出願件数は約32万件でここ数年横ばいで推移する。一方、中国はスタートアップがけん引する形で09年以降件数を急速に伸ばし、17年は日本の約4倍の138万件に達した。

米国の新興企業では「創業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン